naka08

東大宮:木造二階建

専用住宅

松竹建築設計

東大宮N邸 雁ヶ音団地の古い家を解体し住宅を新築しました。今回設計は松竹建築設計さんで、機能的にデザインされた住宅です。
模型です。模型で見ると左右対称で比較的施工のしやすい住宅に見えますが、内部は斜めがあったり、曲線があったりで楽しい住宅でした。 naka01
着工前。

古い元々の建売住宅?が建っていました。西側には新しい二階建ての住宅がどーんと、やはり見劣りしてました。

naka02
棟上後2日目です。棟上当日はなぜかすごい雨で写真を撮ってません。材木を購入した諸塚からも担当者が見に来てくれましたが、雨は止まず、シートを張って直会をしました。 naka03
リビングダイニングです、キッチンはオーダーでステンレス流し上部の吊戸棚は設けず、背面の棚で収納を確保してます、流しの前は飾り棚に、奥さん自作の陶器類が並んでます。 naka04
リビングには薪ストーブが設置してあり、今回現場で発生した木材の端材は、そのまま残してきました。 naka05
南から。植栽も終わりこのような外観となりました。 naka06
浴室からは坪庭が眺められどこかの、温泉宿気分です。浴槽もヒバで中に入るといい香りがします。 naka09
全面道路が狭く、私のカメラではこの角度がやっとで全体のイメージが伝わりにくいと思いますが、ガルバ一文字の上に瓦が乗って、飛び出した煙突が非常に印象的な住宅です。 naka07
最後に設計者の写真です。今回の設計も施主とよく打合せがされて機能的な住宅だと感じました。

内部の珪藻土と、床のキヌカワックスは設計者と施主ご夫婦で仕上げられました。丁寧に使っていただけると思います。

naka08